深~いしわもスッキリ解決! 人気のエイジングケア化粧品大全

口もと

口もとにできてしまうシワは、深いものから比較的浅いものまで多様にあって、その原因もさまざま。まずは、ご自身のしわの種類を見極めて、それに合った対処法を考えましょう。

乾燥から筋肉の老化まで…口元のしわの原因は様々

口もとにできるしわの主な原因は3つ考えられます。

  1. 口元の乾燥
    目元などのちりめんジワにも共通する原因と言えますが、口の周りに細かいしわがいくつもできているなら、乾燥が原因の“乾燥じわ”の可能性が高いようです。
    口もとは目もとと並んで繊細な部分。肌の表面が乾燥していると、とたんに細かなシワがたくさんできてしまいます。
  2. 表情じわ
    笑顔になったり口を動かした時にできるしわが、加齢などによって固定されてしまった“表情じわ”と呼ばれるもの。何度も同じような動きを繰り返すことによって、しわが深く刻まれてしまったもので、中でも、ほうれい線は最もできやすいとされる表情じわの一種です。
    おでこや眉間などにも、同じようなしわができることがありますが、これらの深いしわは、真皮や皮下組織にまで及んでいることが多く、ケアしてもなかなか消えにくいものです。
  3. 筋肉の老化
    元々顔の表情を大きく変えることが少ない方や、顔の筋肉を動かす機会がない方などに多いもの。
    長い間、顔の筋肉を動かさずにいると、筋肉が退化してしまい、年齢以上のたるみやシワができてしまうことがあるのです。
    筋肉の老化によるしわは、鼻の脇から口にかけてのほうれい線や、口の脇のマリオネットラインと呼ばれるしわとなって現れることが多いようです。

以上の3種類が、口もとに出来るしわの主な原因。あなたのお悩みは、どのタイプが当てはまるでしょうか。次に、種類別の改善方法をご紹介しますので、参考になさってください。

しわの種類別・予防&改善方法を伝授!

<乾燥じわの場合>

トマトスキンケア
とにかくお肌を乾燥させないことが一番。スキンケアは保湿をメインに行うものに切り替えて、入念にお肌への水分補給を行い、油分でしっかりガードすることも忘れずに。
ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなど、肌へ水分を補給して保持する効果の高い保湿成分を意識して選んだり、オイルやクリームなどを取り入れるのも良いでしょう。

トマト生活習慣
普段生活している環境そのものを乾燥させない工夫も必要。冬場の風邪対策にもなりますから、加湿器を活用して湿度を一定に保つよう心がけるといいですよ。

<表情じわの場合>

トマト表情グセを改善
表情を作って戻した後に線がまだ残っている…といった表情じわは、しわができやすい表情のクセを直す努力をしてみましょう。
鏡をチェックしながらさまざまな表情を作ってみて、気になるしわができやすい表情を、できるだけ避けるという方法です。

トマトスキンケア
表情のクセを直すことに限界を感じる場合は、スキンケアで改善する方法もあるのでご安心を。気になるしわの部分へ重点的にストレッチ用美容液などを塗り込み、マッサージするのが一般的です。
美容液をつける際は、片手でチョキの形を作り、2本の指でしわを広げて伸ばすようにして塗り込むのがおすすめ。しわの奥にまで美容成分が浸透しやすいそう。
また、乾燥じわと同様に、十分に保湿ケアを行うというのも、表情じわ改善への一歩となります。

<筋肉の老化によるしわの場合>

トマトエクササイズ
筋肉の老化が原因ですから、表情筋を鍛えるエクササイズがしわ改善へのポイント。ほうれい線やマリオネットラインの原因となる筋肉を鍛えるためには、口を大きく開いたり笑顔を作ったりする動きが中心となります。
口をゆっくりと大きく開くことを意識しながら『あ・い・う・え・お』と言う運動や、真上を向いてアゴを上げたままの状態で、口角を上げて笑顔を作る運動、大きく口を開けたままアカンベーをする運動などを、毎日少しずつ続けてみましょう。

モチモチのふっくら肌へ…しわ対策化粧品を大特集!

お肌のお手入れ
私は育児&家事で大忙しの日々を送っている、30代主婦です。

夜にふと鏡を見た時、自分の顔にびっくり。ほうれい線とおでこのしわが深くなって、老けた印象になっていたのです。
「これはイカン!」と焦って、評判のいい化粧品を片っ端から使っていました。

今お気に入りの化粧品は、翌日に肌がふっくら持ち上がって、ツヤツヤになるんです♪
もう半年近く使っていますが、気になっていたほうれい線が薄くなってきて、顔全体にパンとハリが出てきました!

>>もっと詳しく<<
 
深~いしわもスッキリ解決! 人気のエイジングケア化粧品大全